MENU

「シミができないようにする」「できたシミを薄くする」というのに、特別な手段はありません。

 

ほかの美肌に関するお肌ケアとほとんど変わりません。つまり皮膚の健康度をアップさせるのです。

 

シミの本体はメラニンです。

 

メラニンはよく悪者扱いされます。が、実は必要なものでもあるのです。

 

紫外線が皮膚に悪影響を与えることは、もはや常識でしょう。真皮の中にまで差し込んでしまうと、コラーゲンやヒアルロン酸といったお肌を構成する重要な成分が劣化します。遺伝子も傷つけられますので、皮膚がんの可能性も高くなります。

 

なので、紫外線を遮るために、表皮の色を黒くします。これはメラニンを増やすことで可能になるのです。

 

紫外線の脅威が去ると、表皮の細胞を新しいものに置き換えて、古い細胞と一緒にメラニンを排出します。「新陳代謝」とか「ターンオーバー」と呼ばれるのが、この作業です。

 

が、皮膚のコンディションがよくないと必要以上のメラニンを作ってしまうことがあります。また、ターンオーバーも進みません。

 

いつまでもメラニンが残ってしまっているのが、シミなのです。

 

お肌の健康度を上げる、
@栄養バランスのいい食事をこころがける、
A暴飲暴食を避ける、
B禁煙、
C就寝・起床などの生活パターンを正しくする、
Dストレスをためない

 

こういったことができていないと、いくら高価なスキンケアやエステに行っても、十分な効果は上げられないでしょう。

顔のシミを作らないいい生活習慣ってある?関連ページ

美肌で色白になる食べ物で脱毛効果を倍増させる!
美肌美白には紫外線が天敵です。