お肌の大敵とされる紫外線。

 

目に見える光の波長は紫が最も短く、それよりも短い波長の光線のことです。七色のスペクトルを示すと、端っこの紫よりもさらに外側に来るので、「紫外線」の名前が付いています。

 

つまり、かなり広い範囲を含んでいます。これを細分化する方法はいくつかあります。人間のお肌に関係の深いもので分けると、UVA(400〜315nm)、UVB(315〜280nm)、UVC(280nm 未満)の3種類あたりでしょうか。

 

太陽はこのどれもを発しています。が、UVCはほぼ途中大気などに遮られます。地表に届く紫外線の約90パーセントがUVAです。

 

UVAはお肌の奥深くまで届きます。コラーゲンやエラスチンを変質させます。コラーゲンなどはお肌の張りを保っている成分なので、当然、シワやたるみの原因となるのです。

 

また、UVBは全紫外線の10パーセント程度です。が、お肌の表面に強力にダメージを与えます。日焼けを起こし、肌表面の細胞を傷つけます。炎症、シミ、皮膚がんの原因ともなります。

 

日焼け止め

 

このように紫外線を避けるのは、お肌のためには絶対に必要なことです。が、容易ではないでしょう。
やはりおすすめは、オーソドックスですが、日焼け止めです。ローションやミルク、クリームなどがあります。つけ心地はずいぶん改良されています。

 

効力はSPF値で示されています。高い数字ほど日焼け止め効果は高くなります。が、15〜20程度で十分でしょう。それ以上だと、今度はお肌を傷める可能性を考える必要があります。