顔脱毛でニキビがなくなる?

顔脱毛のメリットとして、美肌になるということが挙げられます。
脱毛をすれば、自己処理をする必要がなくなるので、それまで定期的にかけていた負担がなくなります。

 

ムダ毛処理は肌を痛める

ムダ毛の自己処理を続けていると、肌のダメージがどんどん蓄積されていきます。
そのため、普通のスキンケアをしていても、自己処理のせいでスキンケアの効果が半減してしまいます。
ですから、どんなにしっかりスキンケアをしても、なかなか美肌になることができないのですね。

 

自己処理がニキビの原因に

しかも、自己処理は毛穴にまでダメージを与えるため、ニキビなどのトラブルが起きやすくなります。
だから、ニキビケアをしていても、自己処理をしている限り、ニキビが改善されないという状態になってしまうのですね。

 

でも、顔脱毛をしてしまえば、毛穴に負担をかける自己処理をしなくなるので、自然にニキビが改善されることがあります。

 

顔脱毛でなぜニキビが減るの?

また、ニキビがなくなる直接的な理由として、ムダ毛がなくなるということが挙げられます。

 

ムダ毛が生えていれば、その毛の太さ分、毛穴が開いているということになります。
毛穴が開いていれば、そこから雑菌やホコリなどが入り込んでしまいます。
だから、ニキビになりやすく、しかもニキビが治りにくいという状態になるのです。

 

だけど、顔脱毛をしてしまえば、毛穴の開きを改善していくことが出来ます。
すると、外部から侵入する雑菌やホコリが入らなくなるので、ニキビを改善したり防ぐことにつながるのですね。

 

雑菌やホコリが溜まっていない毛穴は、ニキビのもととなるアクネ菌が生息しにくい環境になります。

 

顔脱毛でニキビがなくなる、という仕組みをまとめるとこうなります。
顔脱毛でムダ毛がなくなり、毛穴の開きが改善されて雑菌やホコリが入りにくくなり、毛穴が引き締まるのでアクネ菌が繁殖しない毛穴環境になる

 

だからこそ、顔脱毛をすると、ニキビまでなくなったという方が多いのですね。

 

ただ、この効果は確実にあるとは言えないものなので、カウンセリングの時にこの効果が期待出来るのかどうか確認してみるといいでしょう。

 

≫≫顔脱毛の人気サロンランキングはこちら