MENU

埋没毛っていったい何?埋没毛について

ムダ毛を自己処理しているとトラブルも出てきますが、その中でも埋没毛は最大の悩みでしょう。
埋没毛は毛の1つ1つが太くて濃いため女性でも埋没毛の悩みを持っている人が多いようです。
ここではそんな埋没毛の原因や予防法についての豆知識をご紹介します。

 

・埋没毛の原因とは?

 

意外に多い埋没毛の原因にはムダ毛の自己処理を行う上で皮膚が傷ついてしまい毛穴が閉じてしまうことで起きる現象です。
埋没毛を家庭用脱毛器などで引っ張ることで、途中で毛が切れてしまったり、皮膚自体が傷ついてしまい炎症が起きてしまいかさぶた状態になることも。
このようなかさぶたが今後の毛の成長を遅らせるので皮膚の中で毛がずっと埋もれてしまっている状態になってしまうのです。
このような埋没毛の予防法は間違った自己処理を行わないこと、またしっかりお肌を保湿してあげることがポイントです。

 

・埋没毛の対策法

 

埋没毛を見つけたらピンセットなどでほじくり出す方法などもあるようですがお肌に悪そうだし・・・とためらっている人も多いようです。
では埋没毛を見つけたらどのような対策法を取れば良いのでしょうか?
正解はこれ以上肌に余計なダメージ負わせないように、しばらくの間ムダ毛処理を中止して毛が自然に出てくるのを待つ方法が一番でしょう。
その間は埋没毛の部分を優しく洗ったり、入浴後のお肌の保湿を忘れずに行うことが大切です。

 

・カミソリが原因のことも?

 

女性にとってムダ毛処理は1年を通してほぼ毎日行っていることだと思います。
そんな女性たちがムダ毛処理をする上でカミソリや毛抜きで自己処理している方も多いと思います。
しかしこのようなカミソリで脱毛処理をすると実はお肌へのダメージがとても強いので、長年続けていると思わぬ肌トラブルを招くことも。
その中でも埋没毛はカミソリが原因で生じてしまうと言われています。
埋没毛で悩んでいる方はしばらくの間は自己処理のカミソリの使用を控えた方が良いでしょう。

 

・埋没毛の予防法とは

 

もうすでに埋没毛で悩んでいるという方は、無理にその部分をほじくるのではなく毛穴がふさがっている角質を取り除くケアをすることが大事です。
たとえばスクラブなどのピーリング類を使用して行くと良いでしょう。
スクラブやピーリングでケアした後は乾燥でカサカサ肌になりやすいので、その部分にしっかり保湿クリームや保湿化粧水を塗っていきましょう。
またはお風呂から上がった後、尿素配合クリームなどを保湿クリームの代わりとして使用することでも予防できますよ。
尿素の中には古い角質を溶かす成分があるので、毛穴を塞いでしまっている硬い皮膚を取り除く作用があるのです。